【障害者雇用】志望動機の書き方!ポイントは、「自分の強み」と「企業への想い」

就職・転職の悩み

障害者雇用で転職を考えて居るけど、志望動機はどう書いたらいいの?

履歴書や面接で志望動機は絶対聞かれるけど、実際重要なの?

就職や転職活動でほとんどの人が悩んでしまう志望動機。

ただでさえ難しい志望動機ですが、障害者雇用となると、さらにどう書いたら良いのかわからなくなってしまいます。

この記事では、元障害者雇用採用担当の私が、志望動機の重要性や書き方について解説していきます。

企業側は、障害者雇用でも志望動機を重視しています。

なぜなら、そこから弊社で働く意欲・意志の強さを確認するためです。

本記事は、実兄に知的障害を持つアラサー会社員aamiが執筆しました。

大手メーカーにて障害者雇用の採用・教育に5年従事し、延べ100名以上の障害者の採用に携わった経験があります。

この経験から、障害者の採用や転職など、障害者雇用にまつわることを企業目線・プロ目線から役立つ情報を提供できればと思っています。

結論をいうと、志望動機は、「自分が持っているスキルを企業で活かせること」と「その企業のその職種を選んだ理由」を説明することができれば、問題ありません。

よくあるのが、どの企業でも当てはまるような志望動機だったり、個人的なメリットを主張されたりする志望動機です。

企業は、志望度の高さを重視します。

なぜなら、志望度が高いと、「せっかく入れた会社だから頑張って働きたい」と頑張ってくれそうですし、愛社精神で仕事を頑張ってくれる、会社に貢献してくれると思わせてくれるからです。

実際、志望動機をきちんと言える応募者は少ないので、志望動機を真剣に考えるだけで他の応募者と差別化になりますし、良い印象を与えることができます。

ただ、志望動機を書くのって実はとても難しく、ほとんどの人は、志望動機を書けていません。

志望動機は難しいので、転職エージェントに居るキャリアコンサルタント、いわゆる転職のプロに添削してもらったり、アドバイスをもらいながら作ると、効率的ですし、客観的視点から志望動機を書けるのでオススメです。

障害者雇用の転職活動が上手くいかない方へ

転職活動が上手くいかない、そもそも書類選考が通らない・・・と悩んでいる人は、多いです。

それもそのはずで、書類選考通過率は約5~10%と言われています。

言い換えると、10社応募して1社面接に呼ばれたら良い方です。

なので、書類選考が通過しないのは、当たり前で、落ち込む必要はありません。

ただ、書類選考通過率を上げたいのであれば、障害者専門の転職エージェントを利用しましょう。

担当のキャリアコンサルタントが応募書類の添削してもらえたり、アドバイスをもらえ、転職エージェントを利用した場合、書類選考通過率は約3倍の30%と言われています。

また、障害者専門の転職エージェントの求人は、正社員求人あるいは正社員登用ありの求人が大部分を占めており、安定して働ける求人を探すことができます。(正社員求人は4割、正社員登用ありも含めるとなんと9割!)

もちろん求人紹介や応募書類の添削だけでなく、面接対策、転職相談など、サービスやサポートが多岐に渡ります。

企業の内情に詳しいので、障害者雇用の採用実績、正社員登用実績、職場の雰囲気、面接で質問されることなどを教えてくれます。

やることは、必要な情報を登録してキャリアコンサルタントと面談するだけです。

後は、キャリアコンサルタントが自分にマッチした求人を紹介してくれます。

登録も利用料金も完全無料です。

気になる方は、下記の大手2社「dodaチャレンジ」と「atGP」という転職エージェントに登録してみてください。

転職エージェントについてもっと知りたい方は、こちらの記事にまずは目を通してくださいね。

>>障害者雇用に特化した転職エージェントの利用をオススメする理由

\当サイトオーナーaamiのオンラインコミュニティサロン!/

月額1,480円で、稼ぐノウハウも仲間も心の拠り所もゲット!手厚いサービスがあるサロンはここだけ!

今だけ7日間無料お試し!気になる方は是非チェック!/

障害者雇用でも志望動機は重要?

インターネットで調査された「中途採用の応募書類で重視する点」の結果を見てみると、以下の通りでした。

1番重視されるのは、「職務経歴書(業務経験)」ですが、2番目に重視されるのが「志望動機・志望理由」です。

私が採用担当をしていた時も、職務経歴書で経験があるかどうか判断した後、必ず志望動機を見て、志望度を確認していました。

志望動機・志望理由で企業側が確認したいことは、多くの会社の中から、

「(当社で)具体的になにをしたいのか」

「(当社で)何ができるのか」

(当社に)入社したいと考える理由」

以上のことを確認し、自社の採用ニーズにマッチした人材なのかを見極めたいと考えています。

そのため、志望動機には、上記の答えとなる内容を盛り込むことが大事なんです。

障害者雇用の採用で志望動機が重視される理由

障害者雇用で志望動機を重視する理由のほとんどは、求職者が「長く働いてくれるか」を確認したいからです。

障害者を雇用する企業は、他にもたくさんあるのにどうして自社を選んだのか明確な理由があれば、

志望度が高く、ちょっとやそっとの理由で辞めたりしないだろうと考えます。

逆に、志望動機が適当だと「別に自社でなくても良いのか」とか「数ある求人の中からとりあえず応募しただけか」と思われ、

「採用してもすぐ辞めてしまうな」と思われてしまいます。

障害者雇用は離職率が高いので、「長く働いてくれるか」という点について、慎重に判断しています。

企業は、採用にも教育にもコストをかけているので、長く働いてくれそうにない人に無駄なコストと時間を払いたくないのです。

「志望動機」の書く際の4つのポイント

履歴書などの応募書類に書く「志望動機」ですが、

実際に記入するとなると、なかなか難しいものです。

「志望動機」は、スキルや経験を活かせる「職務経歴の強み」と、応募企業だからこそキャリア目標が実現できるという「企業への想い」、この2つをアピールする必要があります。

ほとんどの志望動機は、「前職で似たような仕事をした経験があるので、貴社に貢献できます」とか「業界No1の貴社で働きたいと思いました」とか、そういった表面的な志望動機が多く、説得力がないんです。

「なぜ当社なのか?」という採用担当の疑問に答えられなければ、優秀であってもインパクトの弱い志望動機になってしまいます。

ここでは、志望動機を書く上でポイントになることを紹介していきます。

ポイント1:企業が求める人材を踏まえて(自分の)仕事上の強み、興味を伝える

まず1つ目は、「企業が求める人材を踏まえて、(自分の)仕事上の強み、興味を伝える」です。

これだけではよくわからないので、例を挙げて解説します。

求人情報
  • 職種:事務職
  • 年収:300~500万円
  • 募集要項:パワポ、Excelなど基本的なPCスキル
  • 求める人材:主体的に行動できる人、コミュニケーション能力が長けている人
あたなの経歴
  • 経歴:事務職3年、営業補助2年
  • スキル・資格:MOS検定

以上の場合の志望動機は、以下のようになります。

事務職の経験だけでなく、営業補助業務も行っており、お客様からの問い合わせに対応したり、社内では部署を越えて、開発部門や生産部門などに商品のフィードバックをする業務を行ってきました。これらの経験から、事務職でルーティン業務を正確にこなしながら、お客様対応や部署を越えたやり取りも問題なく行うことができるため、貴社の求める人材に合致していると思い志望しました。

ポイント2:(自分の)将来のキャリアビジョンを伝える

続いて、2つ目は、「(自分の)将来のキャリアビジョンを伝える」です。

入社後の自分が活躍する姿をイメージすることが大事です。

具体的には、「(当社で)何を実現したいのか」ということを明確にすることです。

具体的な例は以下の通りです。

まずは、事務職でルーティン業務を確実にこなしながら、業務全体のプロセスを把握していきたいと考えています。

その上で、事務職だけでなく営業補助など、仕事の幅を広げていき、全体のプロセスを把握し、どの工程でも柔軟に業務ができる人材になりたいと考えております。

志望している職種から、具体的に何をやっていきたいのか、自分のキャリアビジョンを伝えましょう。

どんな人材になって、会社に貢献していきたいのか、ということを明確にすることがポイントです。

ポイント3:応募企業の特徴を踏まえて(自分が)実現・貢献できることを伝える

最後は、「募集企業の特徴を踏まえて(自分が)実現・貢献できることを伝える」です。

志望動機は、応募企業に向けた独自性のあるものを作成する工夫が必要です。

個人のキャリア目標は変わらなくても、企業によっては求める人材が異なります。

応募企業に特化したキャリアの強みと貢献できる業務を強調しましょう。

私はこれまで貴社と同じ業界の○○で○○業務を行ってきた経験から、貴社の業務を滞りなく行うことができるだけでなく、主体的に改善業務も行い業務効率化を行っていくことができます。

キャリアの強みと貢献できる業務は、これまでの経験があるかないかが重要です。

未経験の職種に応募する場合は、少し工夫が必要ですが、なんでも一般的なビジネススキルは必要なので、そこを上手く繋げてあげることが大事です。

ポイント4:(必要に応じて)障害の状況もアピール

志望動機の中に、障害の状況もアピールするのもありです。

例えば、以下のようなことを書くと印象が良いです。

障害を持っていますが、きちんと薬を定期的に飲むことで、〇年以上発症したことはなく、業務に支障をきたしません。

月に1度の通院が必要となりますが、タイムマネジメントは問題なく行えますので、業務調整いただくことなく業務を遂行できます。

障害をアピールするときは、「業務に支障をきたさない」ということをアピールできればOKです。

重要なのは、「なぜ当社なのか?」に答えること

説得力のある志望動機を作るためには、「なぜ当社なのか?」に答えられることが重要です。

そして、その答えを用意するためには情報収集が欠かせません。

応募企業のことを十分に知らないまま作った志望動機だとありきたりな内容になりがちで、説得力が乏しいです。

志望動機が上手く書けている人は、本当に少なく、ありきたりな上っ面なものばかりなので、志望動機が上手く書けるとそれだけで書類選考通過率は、グッと上がります。

情報収集する方法は、実際に商品やサービスを使ってみる、店頭に足を運んでみる、顧客目線でパンフレットを読み込んでみるなど、リアルに接してみるのが良いです。

情報として知っているだけでなく、実際に見て感じたことを自分の言葉で説明できると、志望動機はグンッと説得力が増します。

もちろん、基本的な情報収集も忘れずに行いましょう。

求人情報や採用ページだけでなく、応募企業のホームぺーズや会社案内もチェックしておきましょう。

代表者メッセージ、沿革、経営理念、事業内容、営業拠点など、隅々まで熟読してください。

「何度も出てくる単語や話題」を意識してみると、企業が大切にしている考えや注力していることがわかりますよ。

また、同業他社や競合商品(サービス)を調べて比較したり、業界シェアや応募企業がかかわるニュースも目に通しておくと、また違った視点から応募企業の強みやカラーを理解できます。

このように、企業の特徴を掴んだ上で、応募職種の仕事内容踏まえ、「自分が社員だったらどんな仕事で貢献できるか」「どんな取り組みに挑戦したいか」を考え、志望動機に盛り込んでいきましょう。

そうすると、「なぜ当社なのか」という問いに答えられ、採用担当者に本気度が伝わる志望動機が作れますよ。

具体的にどんな志望動機を書いたら良いかわからない・・・という方は、職種別に志望動機例をまとめているこちらの記事を参考にしてみてください。

>>【23例文】障害者雇用の伝わる志望動機を職種別にまとめてみた!

NG志望動機集

ここまで志望動機の書き方を説明してきました。

ここでは、採用担当者にマイナス印象を与えるNGな志望動機を紹介していきます。

退職理由と志望動機に一貫性がない

退職理由と志望動機に矛盾があると、「本音を隠しているだけでは?」「条件だけで当社を選んだのでは?」と採用担当者は不信感を抱きます。

そのため、「前職で『叶えられなかったこと』を御社では実現できる、だから志望しました」など、退職理由と志望動機に一貫したストーリーを持たせると良いです。

前に面談した方で、「前職では残業が多かったので、ワークライフバランスを重視できそうな御社に応募しました」と言われたことがありました。

一貫性はありますが、、、残業があると当社で働きたくないってこと?、ただ楽がしたいだけ?と思い不採用にしました。

「経営理念・ビジョンに共感しました」

「経営理念・ビジョンに共感しました」という志望動機は、よくありがちですが、これがNGという訳ではありません。

ただ、具体的に「どこに」共感したのかを説明できないと薄っぺらく聞こえますし、「どの企業でも同じことを言っているのでは?」と思われます。

事前に情報収集して、「どこに、なぜ共感したのか」を自分なりの言葉で説明できるように準備しておきましょう。

志望動機が「経営理念に共感した」だけでは、あなたを採用するメリットを伝えられないため、具体的に経験や自分の強みから貢献できることも合わせて伝えられると、なお良しです。

障害の配慮だけにこだわる

障害者雇用の場合、時短勤務や定期通院、社内の設備や環境など障害者が働きやすい環境を求めがちです。

これは、間違いではないですが、仕事をする上での環境なので配慮にこだわった志望動機は「環境がよければどこでも良いのかな」と思われてしまうので、気を付けましょう。

給与や福利厚生など待遇の良さが志望理由

志望動機で、「給料が良いから」「待遇が良いから」「複利構成がしっかりしているから」と書いている方をよく見かけます。

ただ、これはNGです。

待遇だけを志望動機として取り上げるのは、印象が悪いです。

もちろん大事なことなので、面接中に確認するのは、問題ないですが、それを志望動機に居れてしまうと、

興味があるのは待遇だけと思われてしまいます。

こういう志望動機を見ると、採用担当はガッカリします。

【まとめ】障害者雇用の志望動機の書き方

障害者雇用の志望動機の書き方について解説してきました。

志望動機は、応募企業への熱意や働く意欲を把握するために、重要であると答えた企業は多いです。

ただ、志望動機をきちんと書けている人は少ないです。

そのため、志望動機をきちんと書くことができるだけで、書類選考の通過率はグッと上がりますよ。

自分では、志望動機をどう書いたら良いかわからない、プロに添削してもらいたいのであれば、転職エージェントのサポートを受けましょう。

書類の添削や面接対策だけでなく、キャリア相談などなんでも相談に乗ってくれますよ。

おすすめの転職エージェントは、障害者雇用に特化しているdodaチャレンジatGPです。

  • 障害のある方の転職実績No1
  • 障害者の就職・転職エージェント実績20年以上
  • 公開求人数は1,200件以上(非公開求人数は、多数)
  • 完全無料で利用可能!
  • 大手・優良企業の正社員求人多数
  • 障害特性別の専門スタッフの手厚いサポート
  • 15年以上に渡る障害者の就職・転職をサポート!
  • 業界No1クラスの豊富な求人数
  • 完全無料でキャリア相談~入社後のフォローまで幅広いサポート
  • 支援機関との連携など総合的なサポート
  • 障害者転職プロがマンツーマンであなたをサポート
  • マッチした求人を紹介してくれるスカウトサービスあり

転職エージェントについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

>>転職エージェントをおすすめする理由

また、dodaチャレンジatGPの口コミは、こちらの記事にまとめています。

>>dodaチャレンジの口コミ・評判

>>atGPの口コミ・評判

また、履歴書の書き方や自己PRの書き方などの解説は、こちらの記事を参考にしてみてください。

>>障害者雇用の求人の探し方

>>履歴書の書き方

>>自己PRの書き方

>>「障害について」の書き方

>>「本人希望欄」の書き方

タイトルとURLをコピーしました