dodaチャレンジの求人数や求人内容について徹底解説!どんな職種や業種の求人が多い?

就職・転職の悩み

dodaチャレンジってどんな求人が多いの?

dodaチャレンジを利用してみようと思うけど、求人の質は高い?

dodaチャレンジは、障害者に特化した転職エージェントです。

求人は、主に首都圏や関西・東海エリアに多く、およそ1,000件ほどの求人を取り扱っており、業界最大級です。

障害者専用の転職支援サービスとは言え、幅広い職種や業種にも対応しており、

全国の求人を取り扱っているので、多くの人が利用し安くなっています。

しかし、登録するときに、希望している職種や業種があるのか?ということも気になりますよね。

この記事では、dodaチャレンジが保有している求人の職種や業種について詳しく解説していきます。

  • 障害のある方の転職実績No1
  • 障害者の就職・転職エージェント実績20年以上
  • 公開求人数は1,200件以上(非公開求人数は、多数)
  • 完全無料で利用可能!
  • 大手・優良企業の正社員求人多数
  • 障害特性別の専門スタッフの手厚いサポート

\当サイトオーナーaamiのオンラインコミュニティサロン!/

月額1,480円で、稼ぐノウハウも仲間も心の拠り所もゲット!手厚いサービスがあるサロンはここだけ!

今だけ7日間無料お試し!気になる方は是非チェック!/

dodaチャレンジの求人数は多い?少ない?

dodaチャレンジは、障害者に特化している転職エージェントで人気が高く、業界最大手です。

また、障害者に特化している転職エージェントとはいえ、幅広い職種や業種に対応しているだけでなく、

全国の求人を取り扱っているので、多くの方に利用しやすい転職エージェントです。

障害者に特化している転職エージェントの求人数はそれぞれ下記の通りです。

転職サイト・転職エージェント名求人数
dodaチャレンジ約1,200件
atGP約900件
ランスタッド約300件
WEBサーチ約150件
ソーシャルパートナーズ約100件
各サイトの求人検索やHPの記載にて確認した数です。(一部非公開求人を含んでいる可能性あり。)

他の転職エージェントと比較してわかる通り、求人数はかなり多いです。

もちろん、dodaチャレンジは、非公開求人も持っており、だいたい求人の8~9割は非公開求人と言われています。

そうなると、1,200件以上の求人数は確実にありそうですね。

なぜdodaチャレンジは求人が1,200件以上と業界最大手なのか、そこには深い理由があります。

詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

>>dodaチャレンジが業界最大手である理由とは?

dodaチャレンジの求人の「職種」は?

dodaチャレンジは、他の転職エージェントに比べ求人数が多いことはわかりましたが、

どういった「職種」の求人が多いのか調べてみると、下記の通りになりました。

  • 事務系(812件)
  • 企画・管理系(42件)
  • 医療系専門職種(医療/介護/福祉)(5件)
  • 営業職(4件)
  • 専門職種(コンサルタント・マーケティング・不動産・士業系)(1件)
  • 技術系職種(IT/通信)(65件)
  • 技術系職種(建築/土木/プラント/設備)(35件)
  • 技術系職種(機械/電気)(65件)
  • 販売・サービス系職種(48件)
  • 金融関連(2件)
  • クリエイティブ系職種(8件)

※2022年5月時点のものです。常に変動しているので、最新情報は公式サイトでご確認ください。

さまざまな職種があるので、希望する職種の求人を探せそうですね!

もちろん、非公開求人はカウントしていないので、これよりも求人はたくさんありますよ。

最も求人数がある職種は、事務職

dodaチャレンジで取り扱っている求人の中でも一番多い職種が「事務系」になります。

障害者雇用となると、事務系が多い傾向になっているのが、今の世の中の傾向です。

そのため、dodaチャレンジもその例外はないということです。

事務系を目指しているなら、とてもおすすめできる転職エージェントです。

事務系以外にも技術系の求人なども豊富

dodaチャレンジは、全体の求人数の7~8割以上が事務系ですが、

「技術系職種」の求人もそれなりに取り扱っています。

中でも、「IT/通信」や「機械/電気」などの技術系の求人も事務職に比べ求人数は少なくなりますが、

それなりに求人はあるので、事務以外の職種を希望しても問題なしです。

dodaチャレンジは、障害者雇用で働きたいと考えているなら、利用してみて損はない転職エージェントです。

逆に、求人が少ない職種は、専門職系

dodaチャレンジの求人で、求人数が少ない職種は、

「営業職・専門職・クリエイティブ系・医療系専門職・金融関連専門職」など、

専門職系は、求人数が少ないです。

なぜなら「専門職」と付いているものの多くは、特別な資格を持っていたり、

健常者で募集を出しているケースが負いため、どうしても求人数が少なくなってしまいがちです。

しかし、「求人数が少ない」=「利用できない」という訳ではありませんし、

「求人が少ない」=「志望者少ない」可能性が高いです。

求人の少ない職種を片っ端から応募するのもありですし、

転職エージェントに相談し、希望条件や職種を見直すこともできます。

運がよいと、そのタイミングで新しい企業が求人を出す可能性もゼロではないです。

そのため、希望する職種の求人が少ないからといって、利用しないのではなく、

逆に、利用することで求人の幅を広げられることもできますよ。

dodaチャレンジは、発達障害・精神障害を持っていても利用できるのか不安な方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

>>dodaチャレンジは、発達障害・精神障害でも利用できる?

dodaチャレンジの求人の「業種」は?

続いて、dodaチャレンジに求人がある「業種」は下記の通りです。

  • メーカー(機械/電気)
  • メーカー(素材/化学/食品/その他)
  • 人材サービス
  • 公社/官公庁/学校
  • 医療関連
  • 外食
  • 専門商社
  • 小売
  • 建設/プラント/不動産
  • 教育
  • 旅行/宿泊/レジャー
  • 理容/美容/エステ
  • 総合商社
  • 警備/清掃
  • 農林水産/鉱業
  • 運輸/物流
  • 金融
  • IT/通信
  • インターネット/広告/メディア
  • エネルギー(電力/ガス/石油)
  • コンサルティング/リサーチ

dodaチャレンジは、上記のように業種もかなり細かく分けられているため、

希望する業種が決まっている人でも、使いやすいのが特徴です。

公式サイトからは、いつでも業種や他の希望条件などを入力すると最新の求人情報を見ることができます。

そのため、気になった求人を見つけたら、専任のキャリアアドバイザーに伝えることで応募手続きは完了です。

求人も探しやすいですし、応募も簡単なので、かなり使いやすく、便利です。

中でも、「メーカー(機械/電気)」「IT/通信」の求人が豊富にあるので、

これらの求人を探している人には特におすすめです。

dodaチャレンジの口コミ・評判が気になる方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

>>dodaチャレンジの口コミ・評判を徹底解説!

また、dodaチャレンジの始め方・会員登録~求人紹介までの流れについてはこちらの記事を参考にしてくださいね。

>>dodaチャレンジの始め方!登録手順やサポート内容を徹底解説!

dodaチャレンジが取り扱う求人の特徴

dodaチャレンジが取り扱っている求人の特徴は下記の通りです。

  • 障害者の採用に積極的な企業が多い
  • 正社員求人も多い
  • 時短勤務OKな求人もある
  • 職種や業種が幅広い
  • 非公開求人が8割以上

上記のような特徴を持っています。

それぞれ詳しく解説していきます。

障害者の採用に積極的な企業が多い

dodaチャレンジなど転職エージェントは、成果報酬型のビジネスです。

採用されたら、転職エージェントに企業が採用された人の年収の3割を成果報酬として転職エージェントに支払われます。

言い換えると、企業と転職エージェントの間にはお金のやり取りが発生しているので、

企業は、お金を払ってでも採用したいと考えている企業ばかりです。

そのため、採用には前向きな企業が多く、採用意欲が高いです。

お金を払ってまで採用したくない場合は、ハローワークを利用しますからね。

正社員求人も多い

dodaチャレンジは、正社員の求人も多数扱っています。

正社員で採用すると、なかなか解雇できないなど、企業側にリスクもあるため、正社員の採用は慎重になります。

ミスマッチな人材を書類選考や面接だけで見抜くのは難しいことから、転職エージェントの助言やプロからの視点を大事にしている企業も多いです。

その結果、ハローワークなどで正社員を募集するよりも、

お金を払ってでも、慎重に採用できる転職エージェントを利用し、正社員を募集するのです。

なので、転職エージェントは正社員求人も多いです。

正社員で働きたいなら、転職エージェントを利用しない手はないです。

時短勤務OKな求人もある

求人の中には、8時間のフルタイム勤務はもちろんですが、

「時短勤務OKな求人」や「年間休日が125日以上」など、

働く環境を選びながら仕事を探すことができます。

自分の希望に合った求人を簡単に探せるのが、dodaチャレンジの特徴です。

職種や業種が幅広い

先ほども解説したように、dodaチャレンジは様々な職種や業種に幅広く対応しています。

これは、パーソルグループが持つ顧客基盤と取引実績で圧倒的な求人数を保有しているからです。

ただし、求人数にはバラつきもありますし、

応募するタイミングによって増減するので、まずは相談してみましょう。

非公開求人が8割以上

dodaチャレンジが保有している求人の大半が非公開求人です。

だいたい80~90%が非公開で、一般の求人サイトには出回らない求人です。

「非公開」というと、「怪しい」と感じる方も多いかもしれませんが、

転職支援サービスで取り扱う求人は、怪しさはなく、

むしろ人気がありすぎて一般募集をしてしまうと応募が殺到するようなことを避けるためだったり、

競合他社にどんな人材を欲しているのか、経営戦略・人材戦略がバレてしまうことを避けるために、非公開としている場合がほとんどです。

そのため、非公開求人の中には、上場企業や優良企業なども多く含まれています。

【まとめ】dodaチャレンジの求人は、様々な求人がある

dodaチャレンジは、障害者に特化している転職エージェントの中でも、求人数は圧倒的に多く、

幅広い職種や業種に対応している転職エージェントです。

転職実績も豊富なので、転職を考えているのであれば、一度は利用してみて損はない転職エージェントです。

サポート内容も充実しているので、転職活動をこれから始める方や、転職活動をしているけど上手くいかない方にオススメです。

タイトルとURLをコピーしました