【辛い…】特例子会社をやめたい!退職理由とやめる前に考えてほしいこと

キャリアの悩み

働くのが辛い…特例子会社を辞めたい…。。。

この記事を読んでいる方は、様々な理由で特例子会社を辞めたいと考えていると思います。

特例子会社は、普通の会社と違って、良くも悪くも思っていた職場とは違うことが多々あります。

「私は、辞めるべきなのか、それとも残った方が良いのか…」

と悩んでいる方は、辞める前にぜひこの記事をチェックしてください。

この記事では、特例子会社の退職理由や辞める前に考えてほしいことを解説していきます。

特例子会社を辞めたい!よくある退職理由とは?

障害者職業総合センターの調べでは、退職理由は以下の通りでした。

上記の表を見ると、会社の事情によって退職したのではなく、ほとんどが自身で退職を申し出ているということがわかります。

退職した人の具体的な理由として、以下のような理由が挙げられています。

  • 給料が安い、生活できない
  • 人間関係の悪化
  • 障害を配慮してくれない
  • 障害・病気の悪化
  • 仕事がつまらない、やりがいがない
  • キャリアアップしたい

それぞれ詳しく解説していきます。

特例子会社の退職理由1:給料が安い、生活が出来ない

特例子会社を辞めたい理由として、1番多いのはやっぱり「給料面」です。

野村総合研究所が調査した結果によると、特例子会社の給料は以下の給料になっています。

年収割合
101~150万円21.6%
151~200万円33.5%
201~250万円21.6%
251~300万円10.(
301~350万円7.2%
351~400万円3.0%
401~450万円1.2%
451~500万円1.2%
500万円以上1.2%

上記の表を見ると、年収300万円の人は一握りで、ほとんどの人が250万円以下という結果になっています。

年収のボリュームゾーンは、151~200万円です。

仮に、年収が200万円だとすると月収16万円程度です。

一般企業に勤める人の平均年収400~500万円と比べると、特例子会社の給料はかなり低いです。

実家暮らしであれば、なんとか生活できるレベルですが、一人暮らしとなると、相当キツイですよね。

給料が高い特例子会社がいい…という人もたまに居ますが、特例子会社同士で情報交換を密に行っているため、どこの特例子会社でも給料に大差ありません。

昇進・昇格していくことで給料が徐々に上がっていく可能性はあります。

特例子会社の退職理由2:人間関係の悪化

続いての辞めたい理由としてよくあるのが「人間関係」です。

一般企業でもよくある退職事由ですが、特例子会社にも人間関係のトラブルはたくさんあります。

特例子会社特有の人間関係の難しさがあるのも事実です。

具体的には、

  • 障害者がメインで働く職場なので、それぞれの障害に配慮する必要がある
  • 上司が障害への理解がない場合、かなりきつい

以上2つのことがあります。

それぞれ詳しく解説していきます。

障害者がメインで働く職場での人間関係の難しさ

特例子会社は本当に様々な障害を持った方が働いています。

例えば、精神障害の方と働く場合は、言葉1つで気分を落ち込ませてしまう可能性があるため、自分が発する言葉に注意が必要です。

一般企業ではなかなか意識しないことも意識する必要があったり、気を使わなきゃいけない場面もあるので、そこで少し疲れてしまうこともあります。

また、障害者同士のいじめや差別もあります。

障害者同士お互いを理解し働く…というのは、夢物語なのかもしれません。

人によって障害が違う、障害を理解・受け入れられる度合も異なるため、いじめや差別に繋がっていきます。

上司が障害に理解がない

特例子会社の場合、部長などの重役は親会社から出向していることが多いです。

多くの上司は障害を理解しようと努めてくれますが、中には障害を全く理解してくれない、配慮してくれない上司も居ます。

具体的には、下記のような上司が居ます。。。

特例子会社の製本印刷業は職人業で私の発達障害には厳しすぎます。上司は厳しく、障害を理由にするなとか言われるし、早く覚えろとか、死ぬ気で覚えろとか、やる気を感じられないとか、プレッシャーばかり与えられます。やっぱり選ばなかったら良かった。早すぎた。手話も覚えないといけないし、仕事も覚えないといけないから、もう4ヶ月目やぞ、とか、逃げるなとか、ジョブコーチもつけれないし、正直、気持ちも切り替えれないし、みんなの期待を裏切る事になるし、死ぬ気で頑張るしかないのか。アドバイスお願いします。

引用元:ヤフー知恵袋

私には知的障害があり、今は特例子会社で働いています。それで私の会社の上司は

会社のみんなに朝礼で「みんな親は好きか?好きな人手をあげて」だの「休みの日は家の手伝いをしろ」だの言ったり私には歩き方の事などうるさく言ってきます。それで気に入らない人には「お前」「てめぇ」と言い気に入っている人には○○くんだの○○ちゃんだの言っています。

こんな上司って普通いるんですか?ちなみにその上司は以前の職場で嫌われていて左遷されて来た人です。

引用元:ヤフー知恵袋

障害に配慮してもらうために特例子会社に入社したのに、こんな上司にあたるとかもう最悪ですよね…。

特例子会社の退職理由3:障害を配慮してくれない

先ほども少し出ましたが、障害を配慮してくれないのも特例子会社の退職理由の1つです。

正直、これを見て、「え?」と思った方も多いはず。

障害に配慮されながら働くことができるのが特例子会社なのに、配慮されないってどういうこと?ですよね。

実は、特例子会社は一般企業よりも配慮が行き届かないことがあります。

なぜなら、上司や指導員、職員の数に比べ、配慮が必要な障害者の方が多くなり、マンパワーが足りなくなってしまうからです。

特例子会社で働く障害者の方は、なにかしらの配慮が必要になる方が多いです。

しかし、その配慮を把握したり、支援したりする人のパワーが足りなくなってしまうと、

配慮が行き届かず、十分な配慮ができなくなってしまい、配慮されないとなってしまうのです。

十分な配慮を受けるためには、雇用・人材管理がきちんとされている必要があります。

ただ、きちんと管理ができている特例子会社は限られているのが実態です。

特例子会社の退職理由4:障害・病気の悪化

続いては、「障がい・病気の悪化」です。

具体的にいうと、「障がいや病気の再発」「症状の悪化」などです。

頑張って働いていたけど、持病が悪化してしまったり、症状が出るようになってしまい、仕事の継続が難しくなってしまったというパターンです。

会社側にもなるべく配慮してもらっていたけど、仕事を続けられないくらい悪化してしまい、退職せざるを得なくなってしまうことも、あるあるです。

症状が悪化しないように気を付けていたけど、やっぱり仕事の継続が難しく泣く泣く退職を選択する人は多いです。

特例子会社の退職理由5:仕事がつまらない、やりがいがない

こちらも特例子会社ではよくある辞めたい理由の1つです。

特例子会社の主な設立目的は、

親会社に代わって障害者雇用を行い、法定雇用率を満たすこと

ほとんどの特例子会社は利益目的に設立されていません。

(もちろん例外もあり、利益を出そうと頑張っている特例子会社も存在します)

こいった設立背景から、一般企業とは異なり利益目標もなく、業務も利益を生み出しにくい事務職や清掃業が多いです。

こうした業務が大半を占める理由は、

イレギュラーが少なく、ルーティンとして業務を切り出しやすいので障害者に負担をかけない

からです。

実際に野村研究所の調査でも特例子会社の業務内容は下記の通りになっています。

調査結果を見ると、事務補助が69.2%、清掃・管理が46.2%と上記2つが業務内容の大半を占めていることがわかります。

このことから、職種の幅はあまり広くありませんし、職種が限定されている分、人によっては「仕事が単調」「つまらない」と感じてしまう人が多いのです。

特例子会社の退職理由6:キャリアアップしたい

最後は、「キャリアアップのため」という前向きな理由です。

働いてみて、自分の実力やできる仕事など、視野が広がったり、

やりたい仕事が見つかるなど、今後の自分のキャリアを考え、違う仕事に転職したり、新しいことにチャレンジするために、今の仕事を退職するという理由です。

転職を繰り返して、キャリアアップをしていくのは、障害者雇用でも同じです。

キャリアアップし、高収入を目指しているのであれば、こちらの記事を参考にしてみてください。

>>障害者雇用で高収入を目指す方法3選!

>>障害者雇用でも年収500万円は可能?実際に稼いでいる人の特徴やスキルを紹介

キャリアアップを検討しており、今後スキルを身に付けていきたいと考えている方は、こちらの記事を参考にしてみるのもアリです。

>>障害者雇用でもスキルアップしたい!障害者にオススメのスキル4選

特例子会社を辞める前に考えてほしいこと

上記で上げたケースは、特例子会社特有の問題なのでしょうか。

辞めたら解決できるのか、辞めなくても解決できる方法はないのか一度考えてみましょう。

ここでは、下記の4つについてそれぞれ検討していきます。

  • 給料が安くて辞めたい
  • 人間関係の悪化で辞めたい
  • 仕事がつまらない、やりがいがなくて辞めたい
  • キャリアアップ、ステップアップしたくて、やめたい

それぞれ詳しく解説していきます。

特例子会社を「給料が安くて辞めたい」場合

こちらの記事でも詳しく書いていますが、一般の障害者雇用枠でも事務職など職種が同じ場合は、そこまで給料に大差ありません。

障害者雇用の転職エージェントであるdodaチャレンジに実際に掲載されていた求人を一例に出すと下記の通りです。

【特例子会社】

職種:一般事務

勤務地:東京都

雇用形態:正社員/契約社員

給与:月収180,000~256,000円(想定年収:234~332万円)

昇給:有(年1回)

賞与:有(年2回)

【一般企業の障害者雇用枠】

職種:一般事務

勤務地:東京都

雇用形態:正社員

給与:月収169,00~220,000円(想定年収:262~341万円)

昇給:有(年1回)

賞与:有(年2回)

上記を比べてみるとわかる通り、同じ職種のため、待遇やお給料にそこまで大差ないことがわかりますね。

現在特例子会社で働いていて、お給料以外に不満がないのであれば、辞めるのは慎重に考えた方が良いです。

お給料は職種によって変わる場合が多く、職種の変更をしなければ、お給料アップはそこまで期待できません。

お給料アップを目指すなら、スキルや技術が必要な職種に変えないと難しいです。

また、障害者の職場定着率は低く、1年で3割以上の方が辞めてしまいます。

もし、転職し無事にお給料アップできたとしても、そこで長く働き続けることができる環境かは、入ってみないとわかりません。

お給料だけが問題なら、副業や兼業も検討してみてくださいね。

>>【障害者雇用】副業できる?障害者でもできる副業特集5選!

特例子会社を「人間関係の悪化」が理由で辞めたい場合

「人間関係が悪化してしまった」「人間関係が辛い」といった場合は、まずは周りに相談することが大切です。

例えば、下記のような人に相談するのがオススメです。

  • 直属の上司や人事担当、教育担当
  • ジョブコーチ
  • 産業医
  • 支援機関
  • 病院の先生

特例子会社は障害者に定着して働いてもらう目的を遂行するために、支援機関やジョブコーチ、産業医など専門機関と連携を取っています。

良心的な特例子会社であれば、相談を受けたら具体的なアドバイスはもちろんのこと、必要に応じて配置転換等の具体的な改善に取り組んでくれます。

相談しても改善されず、つらい状況が続くのであれば、その時に改めて転職を考えたり、辞めることを検討してみても遅くありません。

転職活動をしてみたらわかりますが、なかなか内定がもらえず難航する方が多いです。

まずは、今の状況改善に注力し、今の環境下が働き続けられないかということを優先して考えましょう。

特例子会社を「仕事がつまらない、やりがい」がなくて辞めたい場合

仕事が単調でやりがいを感じない場合、思い切って転職するのももちろん手ですが、

まずは、「せっかく入れた特例子会社を棒に振るのはもったいないのでは…?」と考えてみましょう。

今の職場で、他に何かできることがないのか、仕事の量や幅を広げることができないのか、そういったことを考え、自ら仕事の楽しさややりがいを見つける努力が大事です。

正直、どんな仕事でも、慣れてしまえば仕事がつまらない、やりがいがないと感じるようになります。

私の知人は、入社当初はデータ入力業務で毎日つまらなく、完全にやりがいを無くしていましたが、

ITスキルを勉強し、自分でやってみたい仕事を上司に提案しまくった結果、現在はITスキルを活かせる業務を任されるようになり、やりがい持って働くことができている方が居ます。

特例子会社は居心地が良いけど、仕事がつまらないという方は、自分のスキルを上司にアピールしたり、自分がやってみたい仕事を作り出そうとして見るのも一つの手です。

こういった経験は、いざ転職するときにも、履歴書に経験として書けるのでオススメです。

特例子会社を「他にやりたい仕事があり辞めたい」場合

特例子会社の場合、なかなか専門性のある職種が少ないので、「私はこれをやりたい!」という仕事がある場合は、やっぱり通常の障害者雇用枠でチャレンジした方が良いです。

障害者雇用枠の場合、専門性の高い仕事や職種があったり、一般企業に勤めることになるので、特例子会社に比べると仕事の幅も広いです。

障害者雇用枠の求人を探す場合は、障害者向けの転職エージェントがオススメです。

特例子会社を「退職したい」と思ったら…仕事を辞めるまでの4ステップ

「退職したい・・・」と思ってもすぐに会社を辞められるわけではありません。

ましてや、仕事を辞めるということは、収入もなくなるということです。

会社のことや、退職後の生活も考え、事前に準備しなくてはいけません。

ここでは、仕事を辞めるまでにすべき4ステップを紹介します。

仕事を辞めるまでにすべき4ステップ
  1. 退職したいと思った理由を明確にする
  2. 退職後の生活・キャリアについて考える
  3. 次の仕事を探し始める
  4. 退職の意向を会社に伝える

ステップ1:退職理由を明確にする

まずは、なぜ仕事を辞めたいと思ったのか、その理由を明確にしましょう。

「仕事が体力的につらい」「症状が悪化して、仕事が思うようにできない」「パワハラがきつい」「給料が安い」などなんでもよいです。

なぜ退職したい理由を明確にしたほうが良いかというと、「同じ過ちを繰り返さないため」です。

例えば、「仕事が体力的につらい」のが理由で仕事を辞めたいのであれば、体力が必要な軽作業の職種を避けて、転職活動をすることが出来るからです。

退職したい理由を明確にすることで、次の仕事を選ぶ際に参考になりますし、リスクを避けることができます。

ステップ2:退職後の生活・キャリアについて考える

仕事を辞めたら、収入はなくなるので、どうやって生活をしていくのか考える必要があります。

貯金はどれくらいあって、どのくらいなら無職でも生活できるのか、失業保険はどれくらいもらえるのか調べるのも大事です。

退職後は、すぐに転職活動をして働くのか、それとも症状が悪化し働くことが難しいので治療に専念するのか、などを検討しましょう。

また、今後どんな仕事をするのか、自分に合う仕事ややりたい仕事のためにスキルを身に付ける期間にするのもアリです。

まずは、退職後でも生活はできるのか、退職後転職活動をするのか、治療に専念するのか、などを決めましょう。

ステップ3:退職後も安心!次の仕事を探し始める

すぐに転職を希望するのであれば、現職中に転職活動を始めましょう。

現職と並行して転職活動をするのは、体力的にも精神的にもしんどいですが、

離職期間が短くなるので、お給料面も安心ですし、転職先が決まらなければ最悪現職を続けることができるので、

仕事がない・・・ということがなく、リスクヘッジになります。

現職中に本格的に転職活動をしなくても良いですが、最低限転職エージェントに登録し、

担当のキャリアコンサルタントと面談し、どんな求人があるのか、自分にはどんな仕事を紹介してもらえるのか、などの話は聞いておきましょう。

そうすることで、自分が転職しやすい人材なのか、今よりも条件が良い会社に行けるのかなど、把握することができます。

利用すべき転職エージェントは、障害者雇用に特化した転職エージェントのdodaaチャレンジatGPです。

完全無料で利用できますし、どちらか迷ったら両方登録してみて、相性が良い方を使っていくことをオススメします。

  • 障害のある方の転職実績No1
  • 障害者の就職・転職エージェント実績20年以上
  • 公開求人数は1,200件以上(非公開求人数は、多数)
  • 完全無料で利用可能!
  • 大手・優良企業の正社員求人多数
  • 障害特性別の専門スタッフの手厚いサポート
  • 15年以上に渡る障害者の就職・転職をサポート!
  • 業界No1クラスの豊富な求人数
  • 完全無料でキャリア相談~入社後のフォローまで幅広いサポート
  • 支援機関との連携など総合的なサポート
  • 障害者転職プロがマンツーマンであなたをサポート
  • マッチした求人を紹介してくれるスカウトサービスあり

ステップ4:退職の意向を会社に伝える

退職の意向が固まったら、会社に退職する意志を伝えましょう。

退職する意志を伝えたからといって、すぐに退職できるわけではありません。

就業規則で退職する何日前までに連絡する必要があるかを確認し、

退職したい日の規定期間前に伝えましょう。

ほとんどの企業は、退職の1カ月前です。

ここで、すでに転職先が決まっているのであれば、転職先企業の入社日と今いる会社の規定と合わせながら、

退職日と転職先の入社日を決めましょう。

退職の意志を会社に伝えたら、後は事務手続きに入るので、上司や人事の指示に従い、退職の手続きをしましょう。

【まとめ】特例子会社の退職理由と辞める前に考えてほしいこと

特例子会社をやめたいと思ったら、まずはなぜ辞めたいのか、今の職場で働きつつ解決する方法はないのかをまずは考えましょう。

いろいろ改善に向け頑張った上で、「やっぱりやめたい…」と思ったら、その時は辞める決断ができており、見切りを付けられている状態です。

「辞めたい」という衝動で、辞めてしまうのが1番もったいないですよ。

「辞めたい」と思うなら、転職エージェントに現職を辞めるべきか、求人はあるのか、転職できそうかなどをまずは相談してみるのもオススメです。

タイトルとURLをコピーしました