【クローズ就労】障害を隠して就職した人の70%が1年以内に辞める現実。クローズとオープンのメリット・デメリット

就職・転職の悩み

障害を持っているけど、障害者雇用での就職ではなく、一般枠で就職したいと思っているけど、実際どうなの?

クローズかオープンかで迷っているけど、どっちの方が良いのかな?

精神障害や発達障害の場合、目で見て障害がわからないので、会社には障害を持っていることを秘密にして、一般雇用として働くことも可能です。

なので、障害を持っていることを伝えて働くオープンがよいのか、障害を隠して働くクローズがよいのか迷ってしまいますよね。

実際、一般雇用枠の方が条件が良い求人も多いので、クローズで働いたほうがメリットが多いかも・・・と考えている方も多いと思います。

この記事では、クローズとオープンで悩んでいる方向けにメリット、デメリット、おすすめする人など、クローズとオープンについて詳しく解説していきます。

本記事は、実兄に知的障害を持つアラサー会社員aamiが執筆しました。

大手メーカーにて障害者雇用の採用・教育に5年従事し、延べ100名以上の障害者の採用に携わった経験があります。

この経験から、障害者の採用や転職など、障害者雇用にまつわることを企業目線・プロ目線から役立つ情報を提供できればと思っています。

結論をいうと、安心して長く働くならオープン就労がオススメです。

オープン就労なら、障害があることをオープンにできますし、必要な配慮を受けることが出来るからです。

また、障害を理解してもらえることで、少し障害によって苦労したり、困難が生じたときに助けてもらいやすいなど働きやすさにも直結します。

反対に、クローズ就労の場合、1年で約7割の人が仕事を辞めてしまいます。それだけ、クローズ就労で働き続けることは難しいということです。

安定して長く働くことによって、昇給や昇格など給料が徐々に上がっていくというメリットもありますよ。

障害者雇用で転職を考えている方へ

障害者雇用(オープン就労)で転職を考えているのであれば、今よりも待遇や条件が良い企業を探してみてはいかがでしょうか。

例えば、「正社員求人を探す」「今よりも給料がアップする求人を探す」などです。

障害者専門の転職エージェントなら、正社員求人あるいは正社員登用ありの求人が大部分を占めており、安定して働ける求人を探すことができます。(正社員求人は4割、正社員登用ありも含めるとなんと9割!)

また、障害者雇用でも年収500万円以上のハイクラス求人も多数扱っています。

やることは、必要な情報を登録してキャリアコンサルタントと面談するだけです。

後は、キャリアコンサルタントが自分にマッチした求人を紹介してくれます。

登録も利用料金も完全無料です。

求人を探すだけでも勉強になりますし、キャリアコンサルタントと面談することで自分の市場価値を知れたり、転職成功の可能性を教えてくれます。

もちろん、登録したからといって、必ず転職しなければいけないというのもありません。

気になる方は、下記の大手2社「dodaチャレンジ」と「atGP」という転職エージェントに登録してみてください。

転職エージェントについてもっと知りたい方は、こちらの記事にまずは目を通してくださいね。

>>障害者雇用に特化した転職エージェントの利用をオススメする理由

\当サイトオーナーaamiのオンラインコミュニティサロン!/

月額1,480円で、稼ぐノウハウも仲間も心の拠り所もゲット!手厚いサービスがあるサロンはここだけ!

今だけ7日間無料お試し!気になる方は是非チェック!/

そもそもクローズ就労とは?オープン就労とは?

そもそもクローズ就労とオープン就労とはなんのことか、定義を解説します。

クローズ就労とは?

クローズ就労とは、「自分の障害を隠して就職活動や就労すること」です。

障害を隠して、一般雇用で働いている人のことを「クローズ就労」と言ったり、

障害を隠して入社することを「クローズで入社する」と言ったりしまう。

障害を隠したり、秘密にすることを「クローズ」と言っているというわけですね。

オープン就労とは?

オープン就労とは、「自分の障害を公開して就職活動や就労すること」です。

障害者雇用枠で就労することを「オープン就労」といったり、

障害者雇用枠で入社することを「オープンで入社する」と言ったりします。

障害をオープンにするから「オープン」ですね。わかりやすいです。

障害を隠して働くクローズ就労の人の現実・・・

クローズ就労できる人は、精神障害や発達障害の目に見えてわかる障害ではない人です。

実際にクローズ就労しようか悩んでいる人も多いと思います。

しかし、現実は、かなり厳しい結果になっています。

クローズ就労した場合の、職場定着率は以下の通りです。

クローズ就労(グラフ上、一般求人 障害非開示)の場合、職場定着率は3カ月で52.2%、1年で30.8%と、

1年で70%の人が辞めてしまう結果になっています。

それだけクローズ就労で働き続けるのは、難しいということなんです。

一方、オープン就労で障害別の職場定着率は以下の通りです。

どの障害でも、1年後の職場定着率は50%前後と、クローズ就労の30%に比べ高くなっていることがわかります。

オープン就労の方が、クローズ就労よりも職場に定着しやすいということですね。

確かに、クローズ就労の方が給料が高かったり、求人数も多いため、魅力に感じやすいですが、

職場に定着できなかったら意味がありません。

それならば、障害に配慮してもらいながら安定して勤務し、昇進・昇給を目指す方が精神的に楽です。

とはいえ、最近では障害者雇用の求人も増えてきてますし、

転職エージェントを利用すれば、専門性のある職種の求人やお給料が高めの求人も紹介してくれます。

なるべくオープン就労がオススメですが、以下の場合は、クローズ就労しか選択肢がありません。

  • クローズにしかやりたい仕事がない
  • 地方在住で障害者雇用枠の求人が少ない
  • 障害者手帳を持っているが、配慮してもらうほどでもない

こういった場合は、クローズで就職活動をすることになります。

クローズ就労のメリット

ここからは、クローズ就労かオープン就労か迷っている人向けに、それぞれのメリットについて解説していきます。

まずは、クローズ就労からです。

クローズ就労のメリット
  • 求人数が多い
  • 給料が高い
  • 健常者と同じ扱いをしてもらえる
  • 就職先が見つかりやすい(受かりやすい)

求人数が多い

クローズで就職活動をする場合は、一般雇用の求人が対象になるので、障害者雇用に比べ求人数が圧倒的に多いです。

以下は、ハローワークの一般雇用枠と障害者雇用枠の求人数を単純に比較しています。

区分求人件数正社員の割合
一般雇用枠62,145件79%
障害者雇用枠821件36%
ハローワーク求人、東京都(2022年5月時点)

その差なんと、75倍…。。。すごい差ですね。

求人数だけで見ると、やっぱり一般雇用枠が魅力的に映ってしまいますね。

給料が高い

障害者雇用に比べ求人数が多い分、自分の能力を評価してもらえる企業に応募できる機会が増えます。

また、障害者雇用のように配慮事項も必要ないので、職域も増え、障害者雇用よりもお給料が高い求人が多いですし、

入社後も評価されれば、お給料が上がりやすいです。

お給料が高い分、様々な能力やスキルが必要ですが、、、

生活する上では、お給料の金額は大事ですよね…。

健常者と同じ扱いをしてもらえる

人によっては、障害のことについてあまり触れてほしくないという方や特別扱いされたくないという方もいます。

オープン就労のメリットとしては、障害のことを理解してもらい、配慮してもらえることにありますが、

人によっては、「配慮なんて必要ない」という方も居ます。

そんな人は、クローズ就労を行うことで、一般雇用の方と同じように扱われたいという希望が叶います。

特別扱いされたくない方は、クローズ就労がオススメです。

就職先が見つかりやすい(受かりやすい)

先ほども説明したように、一般雇用の方が求人数が多いです。

そのため、たくさんの選択肢があるため、自分の希望に合った仕事や企業を見つけやすいです。

さらに、中小企業の場合は、人材確保に苦労している企業も多いので、

そういった企業を狙うことで、受かりやすくもなります。

選択肢が多く、自分の希望に合った求人が見つかりやすく、さらに受かりやすいのがクローズ就労のメリットです。

自分の希望に合った仕事が見つかるのは、クローズ就労の最大のメリットかもしれません。

クローズ就労のデメリット

反対にクローズ就労のデメリットは以下の通りです。

クローズ就労のデメリット
  • 障害に対する配慮がない
  • 定着率が低く、離職率が高い
  • 障害を隠すのが大変
  • バレたら、最悪解雇の可能性も・・・

障害に対する配慮がない

先ほど、メリットとして「健常者と同じ扱いをしてくれる」と記載しましたが、逆にこれがデメリットにもなり得ます。

例えば、精神障害で調子の悪い日に作業ペースが遅くなったり、仕事が進まない日があったとします。

オープン就労の場合、上司にその旨を説明することによって休憩をもらえたり、作業ペースが遅くても理解してもらうことができます。

しかし、クローズ就労となると、上司は「障害があるとは知らない」ので、作業ペースが遅い場合や仕事を継続することが不可能になった場合に、さぼっていると思われてしまう可能性が十分に考えられます。

さらに、仕事がどんどん増えたり、責任ある仕事が増えたりすることだって普通にありえることです。

そのため、症状が安定していない場合のクローズでの就労はかなり難しいです。

配慮が必要な人にとって、クローズ就労はかなり難しいです。

定着率が低く、離職率が高い

クローズ就労は、定着率が低く、離職率が高いです。

クローズ就労で働いている障害者の離職率は、3カ月で約50%、1年以内で約70%です。

クローズ就労は、障害に配慮されないため、健常者と同じように働くことが求められ、

症状の悪化や体調の悪化、二次障害になってしまうことも・・・。。。

障害を隠すのが大変

オープン就労のため、就労中は障害を隠す必要があります。

障害を持っているのに、健常者と同じように振る舞うためには、普通の人の倍以上の努力が必要と言われます。

私の知人は、普通の人の3倍の努力が必要と言っていました。

普通の人よりも何倍もの努力をして、健常者と同レベルです。

無理して努力し続けると、症状の悪化や二次障害のリスクに晒されます。

それ以外にも、作業ペースや言動や態度で、障害を疑われ、バレることだったあり得ますし、

うっかり障害者手帳を見られてしまったり、通院している所を同僚に見られたり・・・

バレる可能性は、至る所に潜んでいます。

そのため、常にバレないように注意を払う必要があります。

バレないように、ずっと気を張っているのも大変ですね・・・。

バレたら、最悪解雇の可能性も・・・

入社してから、障害のことが企業にバレた場合、最悪クビになってしまうこともあります。

「障害者だから解雇」ということはできませんが、「不実記載」「不実申告」を指摘され、採用取り消しになる場合があるので、注意が必要です。

オープン就労のメリット

続いて、オープン就労のメリットは以下の通りです。

オープン就労のメリット
  • 障害に対して配慮してもらえる
  • 様々なサポートが受けられる
  • 一般雇用枠では難しい大企業に受かりやすい
  • ミスマッチが起きにくい
  • 長く安定して働ける

障害に対して配慮してもらえる

オープン就労の最大のメリットは、「障害に対して配慮してもらえること」です。

具体的には、以下の配慮が受けられます。

  • 服薬や通院面
  • 業務量の軽減・業務内容の変更
  • 上司との定期的な面談

など、各々の障害に必要な合理的配慮が受けられます。

定期的に上司と面談する機会をもらって、体調面に対する仕事量の調整や、仕事内容の変更の相談などしていることが多いです。

もちろん、障害によって仕事の得意・不得意があったりする場合は、得意な仕事を任せてもらえるなど、配慮を受けられます。

様々なサポートが受けられる

日本には障害者をサポートする様々な制度や団体があります。

例えば、障害の就職支援を行う就労移行支援や、障害者雇用専門の転職エージェントを利用した場合、

職場への定着支援として、担当者が入社後に会社に訪問してくれたり、定期的に面談をしてくれます。

会社だけでなく、他の外部機関とも連携してサポートを受けながら職場定着を支援してくれるので、安心ですね。

そのほかにも、障害者雇用の場合は、障害を隠す必要がないので、年末調整の際に障害者控除も気兼ねなく利用できます。

一般雇用枠では難しい大企業に受かりやすい

企業は、障害者雇用促進法で、全体の2.3%の障害者を雇う義務があります。

雇えない場合、罰金が発生したり、社会的責任を果たしていないとみられ、イメージダウンにも繋がります。

そのため、大企業ほど障害者をたくさん雇う必要があり、障害者雇用に必死です。

大企業でも障害者雇用枠なので、給料が高いわけではないですが、大企業に勤めるメリットは、たくさんあります。

例えば、充実した福利厚生だったり、ネームバリュー、制度やサポート体制が整っているなどです。

大企業は、倒産するリスクも少なく、安定して長く働くことができます。

障害者雇用の転職活動のリアルについては、こちらの記事を参考にしてみてください。

>>障害者雇用は受かりやすいって本当?一般雇用枠との違いとは・・・

ミスマッチが起きにくい

オープン就労は、障害を企業に理解してもらった上で、就労することになります。

面接などで、どんな仕事ができるか、どんな仕事が不得意かを確認されたり、

仕事内容をその人に合わせた仕事に調整してくれるなど、

企業側もミスマッチが起きないよう様々な配慮をしてくれます。

また、あなた自身も障害を理由に苦手なことや不得意なことを企業側にはっきり伝えることができるため、

ミスマッチが起きにくいです。

お互いに、障害を理解した上で、仕事ができるのがメリットです。

長く安定して働ける

様々な配慮やサポートを受けながら働くことができるため、

クローズ就労よりも、安定して長く働うことができます。

障害雇用は、離職率が高い分、サポート体制が充実しているので、そういったサポートを受けることによって、

早期離職を避けることができます。

さらに、大企業であれば、自分から辞める選択をしない限り、働き続けることができます。

生活や症状を安定させるためにも、安定して長く働くことが大事です。

オープン就労のデメリット

続いて、オープン就労のデメリットを紹介していきます。

オープン就労のデメリット
  • そもそも求人数が少ない
  • 給料が安い
  • 単純で簡単な仕事が多い
  • 障害を会社の人に知られる

そもそも求人数が少ない

上記のクローズ就労のメリットでも記載しましたが、やっぱり一般雇用枠と比較すると、求人数が圧倒的に少ないです。

職種も一般雇用枠と比べると幅が少なく、職種が選べないことも・・・。

地方の求人も少ない

障害者雇用の求人は、関東圏に集中しており、地方の求人は少ない傾向です。

地域求人数
北海道83件
東北102件
関東892件
北信越52件
東海196件
関西365件
中国/四国120件
九州/沖縄151件
atGP地方別求人数(2022/5/1時点)

地方だと、求人数が一気に減っていますね。

正社員求人が少ない

求人数が少ないことに比べ、さらに、正社員雇用の求人と絞ると、圧倒的に求人数は少なくなります。

以下は、ハローワークの求人の内訳です。

雇用形態ハローワーク
求人数
正社員1370件
(12%)
契約社員
(派遣・嘱託社員含む)
7960件
(69%)
パート2210件
(19%)
11,540件
※2022年5月時点, ハローワーク求人

上記の表を見てわかる通り、正社員求人は、全体の12%とかなり少ないことがわかります。

障害者雇用は離職率が高いことから、契約社員からスタートして正社員登用するというステップなのが一般的です。

なので、そもそも正社員の求人が少ないんですね。

障害者雇用で正社員になりたい方も居ますよね。

こちらの記事で正社員になる方法を解説しているので、参考にしてみてください。

>>障害者雇用で正社員になれる?正社員になれる2つの方法とは・・・

給料が安い

障害者雇用の場合、以下の理由から一般雇用に比べて、給料が少なくなる傾向が高いです。

  • 正社員の求人が少ない
  • 事務職や営業補佐業務など、サポート業務が中心
  • 障害に配慮するあまり、責任ある仕事を任せにくい(その結果、昇進・昇給しにくに)

また、障害の区分別平均月給は以下の通りです。

区分平均月収
日本人全体約27万7千円
身体障害者約21万5千円
知的障害者約11万7千円
精神障害者約12万5千円
発達霜害者約12万7千円
引用:平成30年分民間給与実態統計調査結果について/国税庁平成 30 年度障害者雇用実態調査結果/厚生労働省

ここからわかる通り、お給料は全体的に低めです。

就労時間や仕事内容、雇用形態による影響で、平均するとお給料は低めです。

障害者雇用は給料が低い理由について知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

>>障害者雇用は給料が低い!?その理由と対策を徹底解説!

単純で簡単な仕事が多い

精神障害や発達障害の場合、変化の多い仕事が苦手な人が多いことから変化が少ない事務職などルーティン業務の求人が多いです。

さらに、障害者雇用に慣れていない企業だと、単純で簡単な仕事ばかり任されてしまう可能性も高いです。

単純で簡単な仕事だと、お給料もそれなりになってしまうのは、納得です。

障害を会社の人に知られる

オープン就労の場合、入社するまでにどこまで自身の障害を伝えるかを聞かれます。

同じフロア全体か、部署のみにするか、それとも特定の上司だけにするか等、人事担当者と決める場合がほとんどです。

障害を伝える人を選べるとはいえ、仕事で関わる人には、障害を知ってもらった方がきちんと配慮してもらえます。

そのため、ある程度の人に自身の障害を知られてしまいます。

障害を知られたくない人にとっては、ストレスですね…。

よく障害者雇用は「デメリットしかない」「やめとけ」と耳にしますよね。

障害者雇用でオープンで働くことは、デメリットだらけなのか、その理由についても知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

>>障害者雇用は「デメリットしかない」「やめとけ」と言われる理由とは?

クローズ就労をおすすめする人

以上、クローズ就労とオープン就労のメリットとデメリットを紹介してきましたが、

クローズ就労をオススメする人は、ズバリこんな人です。

クローズ就労をオススメする人
  • 障害を配慮してもらう必要がない
  • 就きたい職があり、オープン就労には求人がない
  • 地方で職を探している
  • バリバリ働いて、たくさん稼ぎたい

クローズ就労の場合、1番大事なのが、障害や症状が安定していることですね。

オープン就労をおすすめする人

続いて、オープン就労をオススメする人は以下のような人です。

オープン就労をオススメする人
  • 障害や症状に不安がある
  • 通院や服薬、仕事内容などを配慮してほしい
  • 会社の理解を得ながら、安定して長く働きたい

長く安定して働くなら、オープン就労一択です。

オープン就労の場合、求人数が少ない、給料が低い、正社員の求人が少ないなどのデメリットがありますが、

転職エージェントをかつようすることで、ある程度のデメリットを解消することができます。

正社員の求人が良い、給料はいくらくらいが良い、とか具体的な希望を転職エージェントに伝えれば、

それに見合った求人を紹介してくれるので、自分で探す手間も省けますよ。

転職エージェントを利用するなら、障害者雇用に特化した転職エージェントのdodaaチャレンジもしくはatGPがオススメです。

完全無料で利用できますし、どちらか迷ったら両方登録してみて、相性が良い方を使っていくことをオススメします。

  • 障害のある方の転職実績No1
  • 障害者の就職・転職エージェント実績20年以上
  • 公開求人数は1,200件以上(非公開求人数は、多数)
  • 完全無料で利用可能!
  • 大手・優良企業の正社員求人多数
  • 障害特性別の専門スタッフの手厚いサポート
  • 15年以上に渡る障害者の就職・転職をサポート!
  • 業界No1クラスの豊富な求人数
  • 完全無料でキャリア相談~入社後のフォローまで幅広いサポート
  • 支援機関との連携など総合的なサポート
  • 障害者転職プロがマンツーマンであなたをサポート
  • マッチした求人を紹介してくれるスカウトサービスあり

【結論】少しでも不安があるなら、オープン就労がおすすめ!

結論は、少しでも働く不安があるなら、オープン就労がオススメです。

クローズ就労は、1年後の職場定着率が約3割と低く、ほとんどの人が仕事を辞めてしまっています。

それだけ、障害者が健常者のように働くことが難しいということです。

一番重要なのは、安定して長く働き生活を安定させることです。

そのためには、必要な配慮を行ってくれるオープン就労で働き、

ゆくゆくは正社員登用や、昇進・昇給などを目指していくのが現実的です。

タイトルとURLをコピーしました