キャリアの悩み

障害者雇用で給料を上げる方法3選!高収入になる方法は、地道な努力または一発逆転のどちらか

障害者雇用で高収入を目指したい、給料を上げたいのであれば、地道に正社員や出世を目指すか、一発逆転で転職するかのどちらかです。転職であれば、給料を基準に応募する求人を決めることができるので、簡単に高収入を狙えたり、給料を上げることができます。
就職・転職の悩み

【クローズ就労】障害を隠して就職した人の70%が1年以内に辞める現実。クローズとオープンのメリット・デメリット

障害を隠して働くクローズ就労。クローズ就労かオープン就労か迷っている人も多いですが、クローズ就労は離職率が70%超と現実は厳しいです。障害を隠して働くことにリスクもあり、症状悪化や二次障害のリスクと隣り合わせで働くことになるので、特別な理由がない限りオープン就労がオススメです。
キャリアの悩み

障害者雇用でも正社員になれる?正社員になれる2つの方法!

障害者雇用でも正社員を希望している人も多いです。障害者雇用で正社員になる方法は、正社員求人に応募する、正社員登用アリの求人の応募するの2つです。確実に正社員になりたいなら、正社員求人になりますが、人気が高いため、内定をもらうには狭き門です。
就職・転職の悩み

【転職は難しい!?】障害者雇用の求人は年齢制限があるってホント?中高年は厳しい?

障害者雇用の求人に年齢制限はなく、全世代応募することは可能ですが、現実問題として年齢制限をある程度持っている企業は多いです。しかし、障害者雇用の求職者の年代が40代以上が大半を占めており、実際に採用された人の70%以上が40代以上なので、中高年でも転職は可能です。
仕事の悩み

障害者雇用の本音とは?【元採用担当が教える】会社側から見た障害者の採用

障害者雇用に関する会社側の本音は、良いものばかりですが、離職率が高く定着しにくいことや仕事内容に関すること、面接で長く働けるか見極めるのが難しいなど、課題や問題を感じている会社も多いです。ただ、その本音には、「長く安定して働いてほしい」という想いの表われです。
就職・転職の悩み

障害者雇用枠は受かりやすいってホント?一般雇用枠との違いを徹底解説

障害者雇用は、就職や転職で受かりやすいのは本当です。しかし、それは履歴書が汚れていない人限定です。転職回数が多い、勤続年数が短い人は、転職活動が難航します。また、一般雇用枠に比べ大企業にも受かりやすく、職場があなたに合えば、長く安定的に働けます。
キャリアの悩み

障害者雇用でもスキルアップしたい!障害者におすすめのスキル4選

障害者雇用はキャリア形成しにくいため、自らスキルアップをしていくことで、キャリアアップをしていくことになります。障害者雇用のおすすめ資格・スキルは、業務上コミュニケーションが少ないプログラミングが経理、PC関連のスキルは、実務に直結して役立ちやすくおすすめです。
キャリアの悩み

【障害者雇用】副業できる?障害者でもできる副業特集5選!

障害者雇用でも副業して収入の補填をしたい!と考えている方にオススメする副業の特徴や具体例を紹介しています。副業なら簡単隙間時間にできるアンケートモニターやWebライター、動画編集がオススメです。副業禁止の会社に勤めているのであれば、治験ボランティアがおすすめです。
仕事の悩み

【障害者雇用】社内ニートになってしまった…。その原因と対策とは?【元教育担当直伝】

障害者雇用で働いているけど、社内ニートになってしまった・・・と感じる人は多いです。障害者雇用の人が社内ニートになってしまう原因は、会社側の理解不足、教育不足、準備不足によるものです。社内ニートが長く続くようであれば、転職を視野に入れたり、会社以外でやりがいを見つけるのがおすすめです。
就職・転職の悩み

【障害者雇用は狭き門!?】受からない原因と対策とは?結論、転職エージェントの利用が採用への近道!

障害者雇用で書類、面接が受からない原因は、「長く働いてくれなそう」「スキルがない」が原因のことが多いです。障害者雇用の職種は、単純で簡単な仕事が多いのも事実ですが、その仕事ができる実績や裏付けが必要になります。具体的には、前職の経験や資格です。
タイトルとURLをコピーしました