精神障害者は農業への転職がオススメ?その理由と転職方法を解説!

就職・転職の悩み

精神障害者は農家の仕事が向いていると聞くけど、実際どうなの?

精神障害でも農業で働くことは可能?症状が緩和されるってホント?

人との関わりに疲れた…、なるべく人と接さない仕事をしたい!と考える方の中には、農業に魅力を感じている人も多いです。

ただ、気になるのは実際のところ…ですよね。

この記事では、農業をオススメする理由や症状が緩和する理由、農業で働く方法などを解説していきます。

\当サイトオーナーaamiのオンラインコミュニティサロン!/

月額1,480円で、稼ぐノウハウも仲間も心の拠り所もゲット!手厚いサービスがあるサロンはここだけ!

今だけ7日間無料お試し!気になる方は是非チェック!/

そもそも精神障害者でも「農業」で働くことはできる?

そもそも、精神障害者でも農業で働くことができるか、ということですが、

障害の内容や程度にもよりますが、十分可能です!

農業と他の仕事が大きく違う点は、畑で黙々と仕事をする時間が大部分を占めていることにあります。

言い換えると、スーツを着て仕事をするような普通の会社とは異なり、

精神障害の原因として多い対人関係のストレスが極端に少ないです。

実際、精神障害を患って農業に転職していった方を何人も見てきました。

農業に慣れるまでは覚えることもそれなりにあり、

体力仕事なので、最初は大変な思いをするかと思いますが、

いったん慣れてしまえば、あとは考えなくても動けるようになるため、

正直精神的なストレスというのは、とても少ない仕事です。

農業に転職した方に話を聞いたとき、「仕事に支障を感じたことや、症状が再発したり、悪化することもなく働けている」と言っていました。

精神障害者に「農業」をオススメする理由

ここでは、精神障害者の方が農業・農家に転職するメリットをやおすすめする理由を紹介していきます。

頑張り次第で収入を増やせる

農業に転職する大きなメリットは、頑張りが収入に直結しやすいことです。

土地を広げるのは、大変で手間がかかりますが、作物の量を増やしていけば売り上げを上昇させやすくなります。

無農薬野菜や化学肥料を使用しないオーガニック野菜など、需要が高まっている単価の高い作物を作れば、さらに売上アップを目指せます。

学歴が関係ない

農家は学歴が重視されない傾向にあるため、だれでもチャレンジしやすいのがメリットです。

特に、個人で農家を行う場合は、自分自身が経営者となるので、学歴は関係ありません。

農家法人に転職する場合は、学歴が重視されることもありますが、

農家は肉体労働が中心の仕事なので、体力や就業意欲の方が重視されやすいです。

規則正しい生活が送れる

農家に転職すると、規則正しい生活を送れるようになります。

農家は朝は早く、基本的に日没後に仕事をすることはないからです。

腹側な生活になりがちな人や、健康的な生活を心がけたい人にとって、大きなメリットです。

農業以外にも精神障害の方に向いている仕事はいくつかあります。

向いている仕事を探している方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

>>精神障害者に向いている仕事とは?

精神障害者が農業で働くと症状が緩和される?

「農業で精神障害の症状が緩和された」「治った」という噂を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

これは、残念ながら科学的に実証されているわけではありません。

しかし、

土をいじって作物を育てるという人間本来の行為によって、精神疾患が改善したという人も居るようです。

精神障害を患い、農家に転職した方は、症状が嘘のように改善されて、明るくなっていました。

やはり、身体を動かして、太陽の下で仕事をするという昔であれば当たり前の働き方をするのは人間にとって不可欠なことなのかもしれません。

精神障害者が農業で働く方法

「農家・農業に転職したい」と思った方向けに、農家・農業へ転職する方法を紹介していきます。

農家・農業に転職する方法
  • 国の制度を利用する
  • 就職・転職サイトを利用する
  • 農家法人への転職を目指す
  • 農家と繋がりのある企業に転職する

国の制度を利用する

農家への転職を考えているのであれば、国の制度を利用するのがオススメです。

たとえば、農業技術・経営ノウハウの習得や研修に専念したい方は、「農業次世代人材投資資金」の交付を申請すると良いです。

しかし、この制度を利用するためには、一定の要件を満たさなければならないので注意が必要です。

農家に転職したい人は、「どのような制度があるのか」「要件は満たしているのか」などを事前にリサーチしておきましょう。

就職・転職サイトを利用する

農家を目指す人は、農家・農業の転職に特化した求人サイトを利用してみましょう。

農業・農家の転職に特化した求人サイトを利用すると、自分に合った求人を見つけやすくなります。

一般的な求人・転職サイトには、農家・農業以外の職種も多数掲載されており、希望に合った求人を見落とす可能性があります。

農家法人への転職を目指す

農家へ転職したいと考えている人は、農業法人への転職も検討してみましょう。

農業法人に転職するメリットは、機材や土地といった作物の育成環境が整っていることや、安定した給与がもらえる点などです。

「いずれは独立したいけど、生計が立てられるか不安…」という人は、まずは農業法人に転職し経験を積むのがオススメです。

精神障害者は転職市場において、不利・採用されないといった噂を耳にしことがある方が多いと思います。

実際に精神障害者でも農業に転職できる?という不安を持っている方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

>>精神障害者は不利?採用されない原因と対策

また、精神障害者の就職・転職の実態や現実について知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

>>精神障害者の就職・転職の実態・現実とは?

未経験でいきなり農業で働くのは不安…そんな方は、アルバイトからでも

精神障害の方でも農業はできますが、

それでも不安な人は、まずはアルバイトからやってみることをオススメします。

実際、精神障害と一口に言っても様々な症状がありますし、

普段は大丈夫でもいつ症状が出てしまうのか、など実際に働いてみないとわからないことって多いですよね。

もっと言えば、就職するのではなくて、自分の家で行う家庭菜園から始めてみたり、

近所の人に畑を貸してもらうか、貸農園を利用したりして、畑仕事のイメージを持ってみるのもオススメです。

「あ、畑仕事楽しい!」

と少しでも思えれば続けられると思いますし、就職した際の不安も取り除けます。

【まとめ】精神障害者に農業がおすすめな理由

農業は、対人ストレスが他の仕事に比べて極端に少なく、

太陽の下で、肉体労働をすることで人間本来の生活を行うことで。

精神障害が緩和されたり、イキイキと働けるようになるなど、

農業・農家で働くメリットがたくさんあります。

農業に興味がある方は、ぜひ挑戦してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました