【障害者雇用】面接に落ちる原因は何?元採用担当が教える面接攻略法!

就職・転職の悩み

なんで面接がなかなか通らないの?

障害者雇用枠だから、受かりやすいと思ったのに全然受からない…

障害者雇用の場合、応募書類で8割合否は決まっていると言われていますが、

実際、面接も超重要で、応募書類から読み取れる人物像と合致しているか、と言ったところを見られています。

面接に落ちてばかりの人は、応募書類から読み取れる人物像とミスマッチを起こしている可能性が高いです。

この記事では、元採用担当の私が、これまで面接で不採用となってきた人の特徴や落ちた原因をまとめています。

本記事は、実兄に知的障害を持つアラサー会社員aamiが執筆しました。

大手メーカーにて障害者雇用の採用・教育に5年従事し、延べ100名以上の障害者の採用に携わった経験があります。

この経験から、障害者の採用や転職など、障害者雇用にまつわることを企業目線・プロ目線から役立つ情報を提供できればと思っています。

結論をいうと、面接に落ちる原因は、「コミュニケーション」です。

質問に対して回答がズレる、自分自身のことを説明できない、他責思考などが原因で、面接に落ちています。

面接は難しいと思っている人が多いですが、実際、面接で聞かれることはある程度決まっており、事前準備をすれば面接を通過する可能性はグッと上がります。

ただ、面接は緊張するものでいくら準備しても練習なしでは上手くいかないことも多いです。

そういった方は、転職エージェントで面接対策や模擬面接を依頼しましょう。

正直、面接は場数を踏めば上手くなりますし、しっかり準備や対策を行えば通過率はグッと上がります。

障害者雇用の転職活動が上手くいかない方へ

転職活動が上手くいかない、そもそも書類選考が通らない・・・と悩んでいる人は、多いです。

それもそのはずで、書類選考通過率は約5~10%、内定率は0.5~2%と言われています。

言い換えると、10社応募して1社面接に呼ばれたら良い方で、100社応募して1社内定出れば良い方です。

なので、選考で落ちるのは、当たり前で、落ち込む必要はありません。

ただ、書類選考通過率や内定率を上げたいのであれば、障害者専門の転職エージェントを利用しましょう。

担当のキャリアコンサルタントが応募書類の添削してもらえたり、アドバイスをもらえ、転職エージェントを利用した場合、書類選考通過率は約3倍の30%と言われています。

また、障害者専門の転職エージェントの求人は、正社員求人あるいは正社員登用ありの求人が大部分を占めており、安定して働ける求人を探すことができます。(正社員求人は4割、正社員登用ありも含めるとなんと9割!)

もちろん求人紹介や応募書類の添削だけでなく、面接対策、転職相談など、サービスやサポートが多岐に渡ります。

企業の内情に詳しいので、障害者雇用の採用実績、正社員登用実績、職場の雰囲気、面接で質問されることなどを教えてくれます。

やることは、必要な情報を登録してキャリアコンサルタントと面談するだけです。

後は、キャリアコンサルタントが自分にマッチした求人を紹介してくれます。

登録も利用料金も完全無料です。

気になる方は、下記の大手2社「dodaチャレンジ」と「atGP」という転職エージェントに登録してみてください。

転職エージェントについてもっと知りたい方は、こちらの記事にまずは目を通してくださいね。

>>障害者雇用に特化した転職エージェントの利用をオススメする理由

\当サイトオーナーaamiのオンラインコミュニティサロン!/

月額1,480円で、稼ぐノウハウも仲間も心の拠り所もゲット!手厚いサービスがあるサロンはここだけ!

今だけ7日間無料お試し!気になる方は是非チェック!/

障害者雇用の面接に落ちる原因

面接に落ちてしまう原因がわかれば、対策を打つことができますよね。

ここでは、採用担当目線で、面接に落ちる原因を紹介していきます。

面接に落ちる人、受からない人は、共通しているので、ここはしっかり押さえておきましょう。

障害者雇用の面接に落ちる原因
  • 質問に対して、回答が「ズレる」
  • 障害の症状・対処方法が説明できていない
  • 配慮事項が説明できない、配慮内容が重たい
  • 今居るメンバーとトラブルの懸念がある
  • 前職を辞めた原因が他責だった
  • 心身が安定しているように見えない
  • 就労意欲が低い

面接に落ちる原因1:質問に対して、回答が「ズレる」

面接に落ちる原因の1つは、「面接官の質問に対して”回答がズレる”」ことです。

こういった人すごく多いです。

特に、話が長い人に多いです。

質問に回答しているつもりでも、話しているうちに質問内容を忘れてしまい、結局何が言いたいのかわからないまま終わってしまうことってありませんか?

面接のとき緊張してしまうのは当然で、その緊張のせいもあり、自分で何を喋っているのかわからなくなる、質問内容を忘れてしまう、といったことがあります。

また、質問に対して回答がズレるのは、相手が求めている回答に対してズレているということです。

言い換えると、相手が求めていることを理解できていない可能性が高いです。

例えば、「なぜこの会社を辞めたのですか?」という質問に対して、当時の状況から長々と話は始め、結局どうして辞めたのか明確にならないまま話が終わってしまうなどです。

この場合、辞めるまでのプロセスを話す方も多いです。

例えば、「会社に仕事を辞めると上司に言って、人事の手続きを今行っています」など。

この回答だと、面接官が求めている回答とは異なっているのは明白ですね。

これが、「回答がズレる」という意味です。

こういったことが起きてしまうと、面接官は「コミュニケーションが取れない」「こちらが期待していることと違ったことを行うリスクがある」と判断し、不採用とするのです。

「コミュニケーションが上手く取れない」「意思疎通ができない」と判断されると、その面接は上手くいきません。

面接に落ちる原因2:障害の症状・対処方法が説明できていない

障害者雇用の面接では、必ずと言っていいほど、自身の障害の特性や症状について聞かれます。

これを上手く説明できないと、採用担当は障害理解・自己理解に乏しい状態で採用するのは難しいと判断します。

自身の障害を理解できていないと、採用担当や上司など他人があなたを完全に理解することは難しいからです。

会社としては、どう接すればいいかわからない、どう扱えばいいかわからない、といった状態になってしまいます。

また、障害特性や症状を説明できても、その特性や症状に対する対処策(自助努力)について説明できない方も、面接に落ちます。

会社には配慮をお願いするのに、自己努力はせず全て会社任せにするのか・・・と判断されるからです。

自分にとって難しいことでも、なんとか工夫してできるということを証明する、もしくはできない説明をしないと、自身の障害に対する理解が乏しいと判断されることもあります。

会社側としては、「全てを健常者と同じようにできるようになることは難しいけど、できるように工夫や努力はしてほしい、でないと、困難だらけの仕事では上手くいかない」と思われます。

障害の症状、対処策は必ず聞かれるので、説明できるように準備しておきましょう。

例えば「障害によって○○は難しいですが、○○することで問題なく作業できます」などと言えれば、OKです。

面接に落ちる原因3:配慮事項が説明できない、配慮内容が重たい

「障害に対する配慮は特に必要ありません」

「障害があるということだけ知ってもらえれば大丈夫です」

と答える方も多いですが、この場合不採用になる可能性があります。

なぜなら、本当に障害があることを知っておいてもらえるだけで問題ないのであれば、障害者雇用で障害を開示して働く必要性がないからです。

そのため、少し不安なことは少しでも配慮事項としてお願いしましょう。

例えば、「月に1回の通院が必要なので、半休をいただく」「薬の副作用で眠くなりがちなので、理解してもらいたい」など、

小さいことでも伝えておくと、働き始めてから何かあったときでも、理解してもらえているので、安心です。

もし、障害があることを知っておいてもらえれば適切な配慮を受けられると考えているのであれば、それは間違いです。

「言わなくてもわかるでしょ」という対応は、傲慢ですし、

面接官からすると、「障害への理解が浅いから、具体的に説明できないのでは?」とみなされます。

では、なんでもかんでも配慮をお願いしよう!と考える人も居るかもしれませんが、配慮のお願いのし過ぎも問題です。

「○○の業務はできません」「1時間に1回休憩しないと集中力が続きません」「薬の副作用で眠くなります」など、配慮事項が多すぎると、

「障害への対処法はないの?」「自助努力はできないの?」「ここまで配慮することは難しい」となり、採用を見送られます。

配慮をお願いすることは、会社にとって負担でもあります。

節度を持って配慮をお願いしましょう。

面接に落ちる原因4:今居るメンバーとトラブルの懸念がある

入社後のトラブルとして懸念されるのが、社員同士のコミュニケーショントラブルです。

せっかく社内のメンバーが定着しているのに、新たに入社した社員とぶつかって問題が起きてしまうことは避けたいと考えています。

そのため、面接ではこれまでの経歴を確認しつつ、対人対応の傾向を探ろうとします。

面接の中で、「前職について批判的に話す」「上司や会社に対する怒りを示す」「周りのことを気にし過ぎて体調を崩したことがある」など、

コミュニケーション上をトラブルを想起するような傾向が見受けられると、不採用になります。

「もしかして、トラブルメーカー?」と思われると、コミュニケーションに懸念があるとしてその面接は落ちてしまいます。

面接に落ちる原因5:前職を辞めた原因が他責だった

面接でよく聞かれるのが、「転職理由」です。

転職理由は、その会社を辞めた理由なので、一般的にはネガティブな内容であることが多いです。

よく転職理由で、前職の不満点をそのまま伝えてしまったことで、他責的と捉えられ、面接に落ちるパターンです。

どんな人でも、前職で、人間関係トラブル、給与条件など後ろ向きな理由で辞める人の方が多いです。

しかし、面接の場では、前職のことを悪く言うべきでないという暗黙のルールがあります。

なぜなら、入社してもすぐに辞めがちな印象を会社に与えてしまうからです。

実際、不満を持ったらすぐに辞めてしまいそうな人を採用したいと思う面接官は居ませんよね。

会社側は、障害者雇用率の存在があるため、一度雇った障害者は辞めてほしくないという想いがあります。

対外的な印象も悪いため、健常者の雇用以上に障害者の退職には敏感です。

面接に落ちる原因6:心身が安定しているように見えない

面接では、受け答えや雰囲気からその人の全体的な印象を見ています。

その中で、覇気がなく、いかにも体調が悪そうだったり、体調不良が理由で退職してからそんなに時間が経っていない場合などは、面接で落ちる理由の1つです。

体調に不安があるのであれば、失業期間中にデイケアや就労移行支援に通いながら、体調の回復に努めることを優先させましょう。

体調回復を優先させると、ブランクが空くので不利になるのでは・・・と不安になる方も居ますが、体調不良を回復するためにどんなことをしていたかを説明できれば問題ありません。

会社は、長く安定して働いてほしいと考えているため、体調が安定しているように見えない人は、採用を見送ります。

体調が安定していないのであれば、自分のためにもまずは体調回復に勤めましょう。

ちなみに、障害者雇用に慣れている企業ほど、前職が体調不良である場合にはシビアにみられることは把握しておきましょう。

面接時に体調不良を誤魔化して入社する人も居ますが、結局体調が悪化し長く働けず、すぐに退職することになってしまう方が多いので、おすすめしません。

ブランクが不安な方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

>>【障害者雇用】ブランクがあると不利になる?結論、期間と理由が重要

面接に落ちる原因7:就労意欲が低い

働きたい理由を聞かれたときに、「家族から言われて・・・」「就労移行支援に通所していて、就職を目指さないといけないから」といった主体性が見られない人は、面接では厳しい評価になります。

「就労意欲が低い」=「頑張って仕事をしてくれない」「周りに悪影響」「すぐ辞める」

こういった風に面接官は捉えます。

さらに、働く意欲がないのに面接なんて、時間の無駄にされたと面接官は思います。

面接官もせっかく時間を取って面接しているので、正直失礼にあたります。

「自立した人間になりたい」「社会で役に立ちたい」「成長したい」など、働く理由を説明できるようにしておきましょう。

働く理由を説明できる人は、就労意欲が高いと評価されますよ。

障害者雇用の面接で、企業が重視するポイント

障害者雇用の面接で落ちる理由は、企業が障害者の採用にあたって、何を重視しているか理解できていないことが原因です。

障害者雇用の面接で企業が重視しているポイントは、以下の通りです。

障害者雇用の面接で企業が重視しているポイント
  • 障害への自己理解
  • 社会性
  • 心身の安定
  • 就労意欲

書類選考を通過し、面接まで行けているのであれば、内定まであと一歩です!

きちんと準備や対策をすれば、問題ありません。

こちらの記事に、障害者雇用の転職活動中の準備や対策を詳しく解説しています。

面接準備や対策も記載しているのでぜひチェックしてみてください。

>>障害者雇用の転職は難しい?現実は、準備や対策をしっかり行えば問題なし

ポイント1:障害への自己理解

障害への自己理解は、「自身の障害特性を理解し、配慮方法を周囲に説明できること」です。

自分のことは、自分が1番わかっています。

他人があなたのことをあなた以上にわかるはずないので、まずは、自分自身の障害を理解することが大事です。

自身の障害を理解する方法は、過去を振り返り、困難だった経験、トラブルになった経験など、苦い経験を思い出してみてください。

そうすることで、何が難しいのか、何が苦手なのか共通事項がわかってきます。

それをまとめると、自然と障害に対する自己理解が深まります。

障害に対する自己理解の深め方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

>>【障害者雇用】障害に対する自己理解を深める方法

ポイント2:社会性

続いて、社会性も企業は重視しています。

どの職場もチームで仕事をしているので、社会性がないと仕事を円滑に進めることができなくなります。

具体的には、

  • 職務遂行上で必要な報連相ができること
  • 異なる意見があっても受け入れることができること
  • 周りの人と協働して働けること

以上の3つです。

最低限、この3つができなければ、業務を遂行することができませんし、

周りの人とトラブルになったり、企業に損害を与えるリスクになります。

「社会性=コミュニケーション能力」ですね。

ポイント3:心身の安定

企業が重視するポイント3つ目は、「心身が安定していること」です。

働く上では、身体、心の安定が必須になります。

心身が不安定なら、まずは、安定させることを優先されますし、働く以前の問題です。

なので、心身が安定していることはとっても大事です。

具体的には、

  • 規則正しい生活(睡眠、食事、趣味・余暇)と服薬管理ができている
  • 体調の変化のサインを理解し、対処法を持つ等予防策がある

「体調が悪くなったら、服薬する」「主治医に診てもらう」などの対処法があれば、良いです。

こういった生活ができていると、心身が安定しており、働き始めて心身に多少負担があっても、問題なく働くことができる可能性が高いです。

まずは、自分が働ける状態にあるのか知ることが大事です。

ポイント4:就業意欲

企業が重視するポイントの最後は、「就業意欲があるかどうか」です。

就業意欲がないと、「すぐ辞めてしまう」「頑張って働いている周りの人に迷惑がかかる」「やる気がない」「努力しない、がんばらない」というリスクがあります。

働く理由や働く意欲があると、仕事でちょっと辛いことや困難なことがあっても、「がんばろう」となります。

企業は、ボランティアではないので、頑張って働き会社に貢献してくれそうな人を欲しがります。

働く意欲がないのであれば、もしかしたらまだ心身が不安定なのかもしれません。

面接に落ちる人は、準備不足。きちんと対策をすれば、面接は落ちにくくなる

ここまで、障害者雇用の面接で落ちる原因や企業が重視するポイントを紹介してきましたが、

ここからわかることは、面接で落ちる原因を知る、企業が重視するポイントを押さえれば、面接で落ちる可能性はグッと減ります。

面接で良い印象を持ってもらうためには、それなりの準備が必要です。

何もない状態で面接に挑んでも成功する可能性は低いですし、

面接で聞かれることや重視されるポイントは、どの企業も同じです。

そのため、しっかり面接対策をすれば、苦手な面接を攻略することができますよ。

正直、面接対策をしてきた人としてきていない人との差は歴然です。

実際、面接対策をしてきた人の方が印象が良いですし、志望度も高く見えるので採用されやすいです。

面接で聞かれる質問については、こちらの記事でまとめています。

>>【障害者雇用】面接で聞かれること13選

また、障害者雇用の場合、面接まで行ければ、採用まであと少しです。

なぜなら、障害者雇用の場合、8割は応募書類の段階で合否が決まるからです。

その理由については、こちらの記事を参考にしてみてください。

>>【障害者雇用】応募書類で合否が8割決まるってホント?

面接まで行けたら、採用まであと少しです。

【面接で落ちてばかり…】面接に自信がないなら、転職エージェントに相談しよう!

面接対策って何をしたらいいの?という人も多いです。

基本的には、面接で質問されそうなことの回答を準備しておく模擬面接をしてみる、こういったことが面接対策です。

特に、面接本番は緊張するので、言いたいことの半分も言えなかったりします。

そのため、何を言うか、何を面接官にアピールしたいのか、そういったことを整理しておくのが大事です。

ただ、面接対策で想定される質問の回答を考えている時に、どんな風に答えれば良いのか、反対にダメな回答例があるのか、などわからないことも出てきますよね。

また、本番同様に面接の練習をしてみたいという方も居ますよね。

その場合は、転職エージェントにサポートをお願いするのがオススメです。

転職エージェントに登録し、初回面談をすると、担当のキャリアコンサルタントが付き、転職活動に関する様々なサポートを受けることができますよ。

もちろん、面接対策や模擬面接の練習もしてくれます。

初回面談は、転職時期や希望条件、職歴・経歴など転職活動に関すること全般を聞かれます。

初回面談が終わると、求人紹介だったり、必要なサポートや転職やキャリアについて相談することができますよ。

おすすめする転職エージェントは、障害者雇用に特化しているdodaチャレンジatGPです。

どちらも15年以上障害者雇用の就職・転職のサポートをしており、大手サイトなので、迷ったらこちらに登録しておけば間違いないです。

  • 障害のある方の転職実績No1
  • 障害者の就職・転職エージェント実績20年以上
  • 公開求人数は1,200件以上(非公開求人数は、多数)
  • 完全無料で利用可能!
  • 大手・優良企業の正社員求人多数
  • 障害特性別の専門スタッフの手厚いサポート
  • 15年以上に渡る障害者の就職・転職をサポート!
  • 業界No1クラスの豊富な求人数
  • 完全無料でキャリア相談~入社後のフォローまで幅広いサポート
  • 支援機関との連携など総合的なサポート
  • 障害者転職プロがマンツーマンであなたをサポート
  • マッチした求人を紹介してくれるスカウトサービスあり

障害者雇用に特化した転職エージェントをおすすめする理由をもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

>>【障害者雇用】転職エージェントをオススメする理由

【まとめ】障害者雇用の面接で落ちる原因

障害者雇用の面接で落ちる原因は、以下の通りです。

障害者雇用の面接に落ちる原因
  • 質問に対して、回答が「ズレる」
  • 障害の症状・対処方法が説明できていない
  • 配慮事項が説明できない、配慮内容が重たい
  • 今居るメンバーとトラブルの懸念がある
  • 前職を辞めた原因が他責だった
  • 心身が安定しているように見えない
  • 就労意欲が低い

面接が苦手な人が多いですが、きちんと準備して挑めば問題ありません。

基本的に聞かれる質問は、経歴や自己PR、志望動機、障害についてです。

きちんと対策することで、面接が受かる確率はグッと上がります。

もし、面接が苦手、不安がある人は、転職エージェントにサポートをお願いしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました