Aami

就職・転職の悩み

障害者雇用でも学歴は重視される?結論、応募職種によるが、ほぼ関係なし

障害者雇用の場合、学歴よりも重視されることが多いです。そのため、学歴が低くても、勤続年数が長かったり、ブランク、転職回数が少ない、職歴・経歴からスキルがあれば問題なく採用されます。学歴重視よりも障害者雇用の場合、長く働けるかというのが重視されるためです。学歴が低いからといって諦める必要はありません。
就職・転職の悩み

障害者雇用なら大企業を狙え!待遇・給料が良い割に受かりやすい!

障害者雇用で大企業で働くのは難しい、狭き門、受からないと勘違いしている人が多いですが、大企業であれば障害者雇用で受かる確率は高く、倍率も2~3倍程度です。なにもしなくても受かるという訳ではないですが、きちんと対策したり、準備をすれば全然受かるレベルです。
就職・転職の悩み

障害者の転職は難しい!?現実は、準備や対策をしっかり行えば問題なし

障害者の転職は難しいと思いがちですが、現実派そこまで難しくなく、きちんと準備や対策をすれば転職できます。難しいと感じる原因は、自分一人で転職を頑張ってしまったり、サポートや相談をせずに転職活動を進めてしまうことが原因です。正しく努力できれば、問題なく転職できますよ。
就職・転職の悩み

障害者雇用の面接で聞かれる「逆質問」。面接官に良い印象を植え付ける質問とは?

障害者雇用の面接の最後に聞かれる逆質問。この逆質問では、質問内容によっては印象を良くすることも反対に悪くなってしまうこともあります。印象を良くする質問は、熱意を伝えられる質問や自分の長所をアピールすることができる質問です。上手に逆質問することで印象よく面接を締めましょう。
就職・転職の悩み

【障害者雇用】面接に落ちる原因9選!不採用フラグと合格率をアップさせる方法!

障害者雇用の採用面接で落ちる原因は、7つあります。どれもきちんと面接対策をしたり、模擬面接など練習をしていれば、落ちる確率はグッと下がります。面接に落ちる人は、客観的に見て採用したいと思わせてくれない人ばかりです。どの企業も求めていることは同じなので、しっかり対策して挑みましょう!
キャリアの悩み

【末路】障害者雇用は、最悪で、ひどいってホント?人によって明暗が分かれる障害者雇用の闇を暴く!

障害者雇用の末路は、働いている職場によって明暗がはっきり分かれます。障害への理解が薄い職場だと、配慮されなかったり、仕事を十分に与えられないなど、障害者の方にとって居づらい職場環境の場合が多く、二次障害のリスクが高くなります。しかし、障害への理解がある職場で働けると、必要な配慮をしてもらえ、満足度高く働くことができます。
キャリアの悩み

【惨め】障害者雇用で働いてわかった辛さとは?今すぐできる対処法と転職を考えるタイミング

必死で一生懸命働いているのに、惨めに感じる、辛い障害者雇用の方は多いです。障害者雇用の場合、お給料が少なかったり、いじめや差別を受けることも多く、職場に居場所がないと感じ悩んでいる方が多いです。惨めに感じる原因や対処方法をそれぞれまとめましたが、逃げ道を作るためにも転職活動を始めるのがオススメです。
就職・転職の悩み

【面接対策】障害者雇用の自己紹介は何を言うべき?結論、基本は職歴を説明し、1~2分以内にまとめる

障害者雇用の面接でも自己紹介は聞かれます。自己紹介は、第一印象を決める重要な質問で、ここで良い印象を与えることができれば面接もスムーズに進みます。そのため、確実に準備して挑みましょう。自己紹介で話す内容は、名前、経歴、スキル・資格、障害について、簡単な志望理由です。
就職・転職の悩み

【障害者雇用】面接で質問されること14選!【回答例付き】これで面接対策もバッチリ!

障害者雇用の面接で質問されることは、一般的に聞かれる志望動機、自己PR、転職理由に加え、自身の障害についての説明も求められます。障害については正直に答える必要がありますが、不安がある方は、事前に応募書類の中に「私の障害について(障害に関する自己紹介シート)」を添付しましょう。
就職・転職の悩み

【24例文】障害者雇用の自己PRを職種別にまとめてみた!

障害者雇用でも履歴書や応募書類、面接で自己PRを聞かれることが多いです。しかし、実際自己PRと言われても・・・と困ってしまう人は多いです。この記事では、職種別に自己PRの例を24個まとめています。障害者雇用で人気の高い職種に絞っています。
タイトルとURLをコピーしました