Aami

就職・転職の悩み

【42例文】障害者雇用の伝わる志望動機を紹介!ポイントは、「自分の強み」と「企業への想い」

障害者雇用でも志望動機を記入する必要がありますが、志望動機ってなかなか難しいですよね。障害者雇用となるとさらに難しくなります。障害者雇用の志望動機を書くポイントは3つです。当社を選んだ理由、あなたの強み、将来の展望です。これらに、障害について少し触れると良い志望動機ができますよ。
就職・転職の悩み

【例文あり】障害者雇用の職務経歴書の書き方!ポイントは、経験・スキルを効率的にアピール

障害者雇用の職務経歴書の書き方は、基本的に一般雇用と変わりません。記載する内容も大差ないですが、採用担当が見るポイントが一般雇用と異なります。しかし、重要性は同じです。職務経歴書を初めて書く人にとっては、難しく、これで良いのか不安になる人も多いです。そういう方は、転職エージェントに相談、添削してもらいましょう。
就職・転職の悩み

【障害者雇用】職歴・経歴にブランク(空白期間)があると不利になる!?結論、期間と理由が重要

障害者雇用の場合、職歴・経歴にブランク(空白期間)がある求職者は多いです。企業はブランクがある求職者をどう見るのか、どう判断するのか、転職に不利になるのか気になりますよね。結論、ブランクの起因となった事柄、ブランクの起因となったことが解決・完治されていれば問題ありません。
就職・転職の悩み

【障害者雇用】転職回数が多いと不利!?結論、転職理由次第なので、書き方や伝え方に注意しよう!

障害者雇用で働く人は、離職率が高いため求職者も転職回数が多い人が多いです。転職回数が多くなると採用に不利になると聞きますが、実際どうなのか不安ですよね。結論、転職回数だけで不採用になる可能性は低く、転職の理由と、その他に不安要素や不採用要素がなければ、書類選考は通過しますし、採用もされます。
就職・転職の悩み

【障害者雇用】履歴書の書き方!障害者雇用で特に押さえておきたいポイントとは?

障害者雇用の場合、履歴書の書き方は一般的な書き方と少し異なります。具体的には、学歴・職歴、本人希望欄、障害について記載する欄の書き方が異なりますので注意が必要です。この欄は、一般雇用の場合でも重要ですが、障害者雇用の場合、特に企業はとても気にするポイントが詰まっています。
就職・転職の悩み

【障害者雇用の裏事情】書類選考を通過できれば8割採用される現実!

障害者雇用で採用される人にはいくつかの特徴があります。それは、ブランクや転職回数が少ないこと、過去に採用実績のある障害を持っている人などです。障害者雇用は、一般雇用に比べて難しく、離職率の高く、企業の理解が乏しいことも多いので、企業は障害者の雇用には慎重です。
就職・転職の悩み

【障害者雇用】「私の障害について(障害に関する自己紹介シート)」の書き方!上手に書くコツと上手な伝え方

障害者雇用では、障害について書類や面接で説明する必要があります。これは、企業があなたの障害を理解し、どんな配慮が必要かを見極めるためです。障害者雇用では、障害名や等級ももちろん気にされますが、「障害について」説明されている資料があるとよりあなたの要望や配慮が誤解なくきちんと企業に伝わりやすくなります。
就職・転職の悩み

【障害者雇用】「本人希望欄」の書き方を徹底解説!履歴書に書ける内容とNGな内容とは?

障害者雇用の場合、本人希望欄に記入する必要があることが多いです。この「本人希望欄」は就労する上で絶対譲れない条件を記載するための欄です。ここに、勤務時間や勤務地を限定することも可能ですし、配慮事項の記載もできます。この「本人希望欄」を上手く活用し、要望を企業側に効率よく伝えましょう。
就職・転職の悩み

【障害者雇用】自己PRはどう書く?大切なのは、「自分の強み」と「その根拠」

障害者雇用で転職を考えている人は、応募書類の中に自己PRを記載する必要があります。自己PRは自分をアピールする欄ですが、ただ単にアピールするだけではなかなかあなたの人となりを相手に上手く伝わりません。自己PRで「私は貴社で活躍できる人材」ということを証明することが大切です。
就職・転職の悩み

【コスパ抜群】障害者雇用の求人の探し方!効率重視で転職活動をしたい方必見!

障害者雇用の求人ってどこで探したら良いかわからないですよね。障害者雇用の場合、求人が少ないので探すだけでも至難の業です。求人が上手く探せないなら、ハローワークと転職エージェントを併用して利用してみましょう。この2つを併用することでまんべんなく求人探しができます。
タイトルとURLをコピーしました